使うかもしれないは使わないのです

タイトルで結論は出ていますが、不要品の処分として必要なのは必ず使うというもの以外を捨てる意志です。
特に掃除が上手い必要もありませんし、向き不向きも存在しません。
捨てるべきものを捨てられないから溜まっているのです。

必ず使うものと言いましたが、実際には使用頻度の高いものは大体取り出しやすい場所や目立つところに置いてあります。
部屋の配置の問題ではなく本人の意識として、何度も使うものは遠くへ取りに行く事自体が面倒なので、座っている椅子の側であったり、常に使う引き出しの中にあります。

遺品整理と断捨離の必要性 18

基本的に、不用品を処分する時に手が止まる必ず使うものというのは滅多に存在しません。
そういうものは埃も被っていませんし、捨てる候補として選ばれることもありません。
そうなっている時点で、殆どが不用品なのです。

それを理解した上で、大きなゴミ袋を何枚か用意し、種類ごとに入れていきましょう。
ゴミとしての区分けは基本として、捨てるものと売れるものでも分けることをお勧めします。
リサイクルショップの買い取り幅は年々広がっているので、物によってはお金になるかもしれません。