効率よく不用品の処分をするための方法

私は親族が住んでいた一戸建てにあった不用品の処分を手伝った経験があります。

私は他人の荷物の処分をしたことが初めてだったのですが、親族といっしょに作業すれば短時間で終わると予想していました。

遺品整理と断捨離の必要性 19

私は親族にとって大切な思い出の荷物を間違ってゴミ袋に入れることがないように気をつけながら不用品の処分をするつもりでした。

私は明らかに捨てても問題ないゴミを大きな袋に入れて処分しました。

貴重な荷物なのか自分で判断できないときは親族に尋ねながら不用品の処分をしたので想像よりも長時間の作業になってしまいました。

私は小さな不用品を1つのダンボール箱にまとめることにしました。

私は汚れを取ればまだ利用できそうなアイテムはなるべく処分しないで取っておこうと考えました。

ほこりが付いている小物が多かったので軍手を付けて作業をしました。

また、荷物の汚れを拭き取るための雑巾も用意しておいたので効率よく不用品の処分ができました。

不用品の処分をする前に便利な物をいくつか用意しておけば作業が捗ると実感しました。