引越し作業で不用品の山に大苦戦

家族4人で長く住み続けた賃貸物件から、引越したときのエピソードです。引越しのために荷造りをしていたところ、家の中から恐ろしいほどの量の不用品が出てきて、処分に相当手こずりました。

暮らしているときには全く気づかなかったんですが、押入れの奥や引き出し、タンスや戸棚の奥から、こんなものまで家にあったのかと思うような見慣れない物が大量に出てきたんです。使えそうな食器や小物入れ、タオルなどを見つけたときには喜んだ一方で、実用性に乏しいお皿やコップ、置物などだと使いみちが全く無いので、捨てるしかありません。ゴミの日に出すために家族みんなで協力しあい、大きなものはハンマーで砕く、のこぎりで切るなどしていましたが、あまりにも量が多すぎるために日が暮れても作業が終わる気配がありません。たぶん、全部処分するまで4~5日かかったと思います。他の引越し作業もたくさんあるのに、不用品処分だけで相当無駄な時間を費やしてしまったことが悔やまれます。